注文住宅なら岐阜県岐阜市の工務店ナガイホーム

ナガイホームの家

こんにちは。現場プロデューサーの伊藤です。
桜の花も満開となり、すっかり春ですね!

今回は、いろいろな種類がある断熱材の紹介をしたいと思います。

【グラスウール】鉱物(ガラス)を細い繊維状に加工し、壁・天井・床などに施工でき、価格も安価なため広く普及しています。原料が鉱物なので燃えにくく、吸音性が高いので防音に利用されることもあります。
厚みが増すほど、断熱性もアップします。湿気に弱いというメリットがある為、防湿・結露対策が必要です。

【ロックウール】玄武岩・スラグ等鉱物を主原料とし、グラスウールと特徴が似ており、燃えにくく、熱に強い素材です。撥水性が高いメリットがありますが、湿気には弱い為対策が必要です。

【セルロースファイバー】天然木質系原料を綿状にしホウ酸や硫酸アンモニウムを加え、難燃性や防虫効果を高めています。
吹き付けの充填工法で施工する為、隙間を作らず高い気密性を確保できることや素材が本来持つ吸放湿性が、内部結露の発生を抑制。環境に優しく、防音や吸音にも効果がありますが、価格が割高で専門業者を探す必要があることがデメリットです。

【硬質ウレタンフォーム】ポリウレタン樹脂に発泡剤を加えた物でボード状の素材の他に直接吹き付ける工法もあります。
気泡に含まれる小さなガスが熱の伝導を抑えるため、優れた断熱性がありますがデメリットは高価なことです。

以上、家づくりの参考にしてみて下さい。

お問い合わせ

ページトップへ戻る