注文住宅なら岐阜県岐阜市の工務店ナガイホーム

ナガイホームの家

 さて今回は、わずか10~20分話しただけで、あなたの家づくりのパートナーとして、ふさわしい人間かどうかがわかる魔法の質問を2つご紹介します。そんな事を言ったら住宅営業の人が気を悪くするのではないか?と考える方もいるでしょう。しかし、そんなことは考えてはいけません。なぜなら、一生に一度あるかないかの大事業をともに行っていくパートナー探しなのですから。

一つ目の質問
「どうしてあなたは住宅営業という仕事をしているのですか?」
私が言うのも変な話ですが、住宅営業というのは大変な仕事です。しかし、ものすごくやりがいがある仕事です。どうしてかというと、お客様一人ではできない大事業のお手伝いをする仕事だからです。あなたの家づくりをするのにふさわしい住宅営業は、自分の夢を語るでしょう。自分が小さい時にアパート住まいだったので、学生時代に住宅営業になることを決めた!引渡しの時にお客様から「あなたと家づくりをして良かった。」と言われるのが私の生きがいなんです。など。

 逆にダメ住宅営業は驚いた顔になります。もしかしたら、なんてめんどうくさい客なんだろうというような顔をするかもしれません。そのような営業マンに、これから続く家づくりのパートナーを任せることは・・・。(答えに正解はありませんよ。念のため。)

二つ目の質問
「あなたが私の担当になると、どんなメリットがあるのですか?」この質問は非常に重要です。あなたが家づくりをする上で三つの重要な事柄があります。それは・・・。

・住宅会社をどこにするのか?
・住宅営業をだれにするのか?
・大工さんはどんな人なのか?  です。

例えば、同じハウスメーカーで建築したとしても、住宅営業Aさんと家づくりをした人と、Bさんで家づくりをした人では、引渡しの時に同じ家はできません。

 もしあなたが気に入った住宅会社があったとしても、住宅営業がどんな人かで期待とは異なった家が建つ可能性があるのです。
 あなたの家づくりにふさわしい住宅営業は、自分のことをよく知っています。自分がお客様に何が出来るのか?何が出来ないのか?常に考えていますので、このような質問にもすぐにこたえられるのです。

 逆にダメな住宅営業はお客様に売り込むことしか考えていません。そして、何かあると、自分のことは棚上げしてすぐにお客様のせいにします。ですから、このような質問をされた時に答えが見つからないのです。
 勇気がいる質問かもしれません。しかし、不安を抱えたまま家づくりを進めても良い事はなにもありません。是非一度試してみてください。

お問い合わせ

ページトップへ戻る